言葉遣い

c0076330_0105769.gif  ★アニマルコミュニケーション·アニマルオーラリーディング承ります
 ご訪問可能地域は、東京・埼玉・千葉・神奈川・静岡・茨城・群馬など。

今朝起きたら結構な積雪で仰天しました!!!・・・でもあっという間に溶けてしまいましたけどね(笑)
皆様いかがお過ごしですか?
もう、オリンピックに釘付けのmisatoです(^^ゞ
何を見てもウルウル泣けてきて、終いにはdocomoの「負けないで♪」の歌のCMを見ても泣けて
泣き上戸のお年寄り!?って感じです。涙腺決壊しているかも・・・。

さて、今日は少し前にお伺いしたお客様のお宅での会話をちょっとご紹介♪
アニマルコミュニケーションのセッションがほぼ終わりかけた頃、お客様に
「○○くんとゆっくりとお話してみてくださいね。赤ちゃん言葉を使う必要はありませんから。」
とお伝えしました。それを聞いたお客様、
「そうなんですね~。実はさっきからmisatoさんの○○に対する言葉遣いを聞いていて
あ、普通に大人同士が話す言葉で良いんだ!・・・って思っていたんですよ~。」とコメントされました。

そうなんです(*^_^*)
動物さんは人間から見ると、身体のサイズ的に小さくて愛らしいのでどうしても
「ちっちゃな子」「赤ちゃんみたいな○○ちゃん」的な感覚になりやすいんですよね。(実は私も^m^)
ご自身の愛犬・愛猫さんに「なんとかでちゅか!?」とか「○○ちゃん、良い子ちゃんでちゅね~」
的な言葉で話しかけている方って多いのではないでしょうか!?
でも、サイズが小さいから心や精神性も赤ちゃんみたいに小さい(幼い)かというとそうではないんです。
むしろ人間より年齢の進み方が早い分、場合によっては飼い主の私たちよりも彼らの方が
目上・・・と言うケースもあると思います。
目の前にいる存在が人間の目上の男性・女性だったら!?
「どうでしゅか!?○○ちゃん解る!?」「どちたの?ん?おなかしゅいたの?」
な~んて絶対に言わないですよね(笑)

別に敬語で話せとは言いません。めちゃめちゃ不自然ですから^^;。
でも、たとえば大切なことを伝える時、彼らに対する尊敬を持ち、対等な目線で話しかけてみてください。
きちんと相手(=愛犬・愛猫さん)のココロに響く言葉を発するには、
まず相手への敬意が必要なんじゃないかな~と思うんです。
敬意を持って話しかけた言葉には、相手も反応を返してくれます(返してくれる確率が高まります)。
試しに大人同士が話す言葉で愛犬・愛猫さんに話しかけてみてはいかがですか?
騒いでいたのに、ふとおとなしくなった。急に飼い主様の顔をじっと見つめ始めた。etc・・・。
なにかの反応を感じたらきっと皆様の言葉は、発した重みに近い状態で相手に届いたと言うことでしょう。

・・・まぁ、こんな事を書いている私だって愛猫に対して「ママのちっちゃなお姫ちゃま♪♪」なーんて
口がベタベタになりそうな甘ったるい言葉かけはしていますよぉ^m^(親ばかの醍醐味ですから!?)
ただ、大切なことを伝えたいときは敬意を持った言葉遣いにシフトするように気をつけています。
皆様の日常生活の中でもすぐに出来そうなことですから、是非実行なさってみてくださいね☆(#^.^#)/

では今日も1日お疲れ様でした(*^_^*)


アニマルコミュニケーションお申込み受付中↓です。
アニマルコミュニケーション*ココロのひだまり

↓↓言葉遣いは大丈夫?愛犬・愛猫さん、実はあなたより目上かも?              
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミニュケーターへ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村 
[PR]
by kokoronohidamari | 2010-02-18 21:06 | アニマルコミュニケーション

●アニマルコミュニケーションであなたとペットさんの心に優しいひだまりを●アニマルコミュニケーターmisatoが愛犬・愛猫さんとの幸せ生活のヒントなどをお届けします●セッション申込みは各記事内バナーよりどうぞ


by kokoronohidamari