小さいとアニマルコミュニケーションは出来ませんか??

c0076330_0105769.gif  ★アニマルコミュニケーション·アニマルオーラリーディング承ります
 ご訪問可能地域は、東京・埼玉・千葉・神奈川・静岡・茨城・群馬など。
============================================================
皆様こんばんは☆10月に入りましたね~。
涼しいような、まだちょっと蒸し暑いような・・・。
そう言えば学生時代の衣替えって10月1日からでしたっけ??遠い過去すぎて記憶が^^;
きっとこの先は一気に秋~冬へと移って行くのでしょうね。

さて、先日からたまたま月齢の若い犬猫さんのアニマルコミュニケーションのご依頼が続いてます。
飼い主様はみなさん「あまり小さいとアニマルコミュニケーションできないのでしょうか?」
というご心配をされつつお申込みくださっているようなので、今日はそのお答えを♪

小さい・・・の基準にもよりますが、私の行わせていただいた事例では、5ヶ月程度の子であれば
それほど差し障り無くアニマルコミュニケーションを行わせていただけております。
確かに、極度におびえてパニック状態になる、興奮しすぎて家中を駆け回るなど、
行動面でアニマルコミュニケーションを行うのに適さない個体もいるのでしょうが
それは月齢に関わらず、個性・・・個体差もありますので。
これまでお目にかかったワンニャンさんは、小さいながらもきちんとアニマルコミュニケーションを
受けて下さいましたよ(*^_^*)

幼いということは、当然ですがオトナワンニャンさんに比べて経験値がまだ少ないですので
コミュニケーションの深み??としては、もしかしたらちょっと少ないかもしれません。
でも彼らなりに考え答えて下さることは、決して赤ちゃん的なことではありませんよ。
以前お目にかかった5ヶ月の猫さんは、パパの単身赴任に伴いママと暮らすことになりました。
そのことをどう思うか?とお聞きしたところ、彼女の答えは「パパは1人で大丈夫なの?」でした。
それまでのお話の中で、飼い主様(ママ)はパパに懐いていた猫さんの寂しさや困惑を心配し
新しい生活での楽しいこと、メリットなどをいっぱい伝えてくださっていたのですが、
実は、この幼い猫さんのココロの中で、一番気になっていたのはパパ自身のことだったんです。
飼い主様にお伝えすると、「そんなこと考えていたんだ!!」ととても驚かれていましたし、
私自身アニマルコミュニケーションを行わせていただきながらちょっぴり目からうろこ・・・でした。
この猫さん以外のワンニャンさんも、それぞれにしっかりとしたお答えを下さいます。
きっと小さくても、ココロや考え方は人間の私たちが思うより、ずっとオトナなのでしょうね。

私個人の考えとしては、アニマルコミュニケーションを早い時期に行っていただくことは
良い事だと考えています。(さすがに生後1~3ヶ月とかはNGですよ(^^ゞ)
なぜなら、おそらく多くの場合が生後3~4ヶ月程度で新しい環境へのスタートラインに立って
新しいご家族との生活に馴染み始めるのが、5ヶ月程度だと思われるからです。
その時期にアニマルコミュニケーションを受けることで、今後の家族としての心構えが出来たり
方向性が見えてきたり、飼い主様とワンニャンさんがお互いの気持ちを確かめ合えたり。
「これから、あなたとこんな風な関係になりたいんだよ、こういう家族になれたら良いね♪」
そんな気持ちを愛するワンニャンさんに伝えていただく機会として使っていただけたらなぁ・・・
と願っています(*^_^*)
迷っている飼い主様。もしよろしければどうぞお問い合わせくださいね。

食欲の秋ですね~。
c0076330_19574850.jpg

こちらは伯母から届いた大きな梨(^_-)-☆甘くて瑞々しくてデリシャスでございます~。
そして、利尿作用もハンパ無いでございます~(爆)
皆様も美味しく楽しく健やかに・・・良い秋をお楽しみくださいませ♪
アニマルコミュニケーションお申込み受付中です
アニマルコミュニケーション*ココロのひだまり

↓↓明日も良い1日を☆応援感謝します              
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミニュケーターへ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村 
[PR]
by kokoronohidamari | 2011-10-02 20:00 | アニマルコミュニケーション

●アニマルコミュニケーションであなたとペットさんの心に優しいひだまりを●アニマルコミュニケーターmisatoが愛犬・愛猫さんとの幸せ生活のヒントなどをお届けします●セッション申込みは各記事内バナーよりどうぞ


by kokoronohidamari