太刀打ちできない。。。

先日猫のミーコさんとお話させていただきました。
ミーコさんは20歳。飼い主のなっつんさんからのご質問は体調面や食事の希望、
そして『今いちばん伝えたいことは?』・・・などでした。

お話の中でミーコさんに「あなたにとってなっつんさんはどんな存在?」と聞きましたら
「いつも励ましてきた。(なっつんさんの腕に自分の手をかけているイメージ)」と。
又「なっつんさんに伝えたいことは?」には玄関を出て行く彼女のことを見送りながら
「いつも わたしの身体があなたから離れても どんなときでもずっとずっと応援してる」
とのメッセージが・・・。深く優しく・・・痛いような想いをこめてなっつんさんを見送る
ミーコさんの姿に思わず涙があふれてきました。

動物さんの飼い主に対する愛情は、ほんとうに想像を絶するほど深いのだそうです。
たとえば 同居猫の死後、はげしく落ち込んでいた飼い主さんを見て
「ワタシがあの子を守りきれなかったからあの子が死んで、お母さんが悲しんでいるんだ。
あの子の代りにワタシが死ねばよかった!」と自分を責め続けた猫もいるとか・・・。

ためらわない愛、どんなことがあっても揺るがない愛・・・。
たとえ自分の命が無くなったとしても飼い主さんが幸せならそれが一番・・・という愛情。
人間はつい「私があなたを愛して可愛がってあげている」という錯覚に陥りがちですが
本当は彼らの愛と、自分たちが彼らに注いでいる愛を比べること自体が間違いであり
動物さんに対して失礼なことなのだそうです。(by恩師)

今回のミーコさんとのお話の中でもまさに、そのような深い愛情に触れさせて貰いました。
自分の命が残り少ないことを知りながら、「これからをいかにして快適に過ごすか?」という
世俗的要望欲求は一切示さず、伝わってくるのはひたすらなっつんさんを愛し続ける姿。
自分の存在が失われた後でもずっとずっとなっつんさんを応援している!というメッセージ。
あぁ、本当に彼らには太刀打ちできないんだ。。。とその尊い愛情に胸が詰まりました。

c0076330_23361938.jpg
                      ミーコさん ↑↑

世の中の大多数の飼い主さんは、人間が与える愛のほうが大きいと信じているでしょう。
つい先日までは私もそうでした。
でも、せめて今ここを覗いてくださった皆様から、動物さんへの意識改善をしていただけたら
おうちの子に「愛してくれてありがとう」って言っていただけたら・・・・
ひよっこですが、アニマルコミュニケーターとして、とってもとっても嬉しいです(#^▽^#)

最後になりましたが、この記事を書くきっかけを作ってくれたミーコさん、なっつんさん。
心から感謝いたします。m(__)m
なっつんさんからは【悲しい想いをしている方の癒しになったり、動物は全て分かってて、
色々考え私たちを守ってくれてるんだ。という事を多くの方に知ってもらいたいです。】
・・・というコメントと共に、記事掲載をお許しいただきました。ありがとうございました。
[PR]
by kokoronohidamari | 2006-08-25 17:02 | アニマルコミュニケーション

●アニマルコミュニケーションであなたとペットさんの心に優しいひだまりを●アニマルコミュニケーターmisatoが愛犬・愛猫さんとの幸せ生活のヒントなどをお届けします●セッション申込みは各記事内バナーよりどうぞ


by kokoronohidamari