優先順位

こんばんは☆あっという間に9月も今日で最後。早いなぁ~。。。(~_~;)
今日はうちの猫とのなにげない日常の中で感じたことを・・・。

現在うちでは「生肉食」なんです。生肉食に変えてから一年半。
与えている肉は、鶏胸肉、鶏の骨ごとミンチ、ラパン、馬、羊。
与え方や組み合わせる野菜などもあれこれ試行錯誤で、段々と慣れてきました。
でも、やはり相手は食事にうるさい猫様(笑)。
同じ食材、同じ調理法なのに皿まで嘗め尽くすような日もあれば見向きもしない日も。

見向きもしない日は、一応根競べになるのですが結局私が折れて
あれこれトッピング(=好物の猫缶)がプラスされます。
けれどそれでもガンとして食べない日があります。なだめても叱ってもダメ。
飼い主的には「何がいけないわけ!??」と堪忍袋の尾がプチ切れかかります(苦笑)

ところが、最近ある法則を発見したのです!(←ちょっと大げさです。スミマセン^^;)
まったく食べない日に怒りたい気持ちをぐっ☆”と押さえ、猫の身体を抱きしめます。
撫でたり、ポンポン叩いたり、お鼻にキスしたり、おでこ同士をぶつけあったり・・・etc。
愛猫の好むスキンシップを存分にやってあげるのです。
そして、その時にたくさんの「愛している」をささやきます。表現は日替わりですが
綺麗な飾った言葉ではなくて、本心を思いのままに伝えます。

すると・・・。本当に不思議なんですが、ひとしきり愛の告白を黙って聞いていた愛猫が
ふっとお皿のところに歩み寄り、それまで頑なに拒否していたごはんを食べるんです!

最初は愛猫のココロに何が起きたのか「??」でしたが、こんな風に推測してみました。
人間にも、心のなかにたくさんの考え事や欲求、悩み、迷いetcが存在していて
その時によって、「今いちばん叶えたいこと」って変動しますよね?
言ってみれば心の中での 「優先順位」 があるようなイメージ。
うちの愛猫のココロの中にも、そういう「優先順位」があって、ごはんを食べない日は
最優先事項が「ママから思い切り愛されていると実感すること」なのかも(笑)。
だから最優先事項が満たされたあとは、第二優先事項(?)のごはんを美味しく食べる。

そんな風に考えたら、相手が自分の思うように行動しなくても
それほど苛立つことがなくなりました。
皆様のお宅でも、こういうことって日常的に起こりうると思うのですが、
プチ切れかかる前に「今日のこの子のココロの中の最優先事項はなんだろう?」って
ワンクッションおいて考えてあげてはいかがでしょうか?答えが見つかればラッキー☆
例え答えがわからなくても、答え探しの間のスキンシップは幸せに満ちていますよ♪
[PR]
by kokoronohidamari | 2006-09-30 20:55 | アニマルコミュニケーション

●アニマルコミュニケーションであなたとペットさんの心に優しいひだまりを●アニマルコミュニケーターmisatoが愛犬・愛猫さんとの幸せ生活のヒントなどをお届けします●セッション申込みは各記事内バナーよりどうぞ


by kokoronohidamari