集中

先日、最近絶好調・・・と書きました我が家の愛猫。あまりにもいい表情で遊ぶので、
ついつい「この可愛さをお写真に~♪」と親ばか心がうずきだしました(笑)
右手にカメラ、左手にねこじゃらし・・・でスタンバイ。今日も元気に遊んでね!(←期待)
がっ!敵も去るもの!?ぜ~んぜん食い付かないんです。いつもと同じおもちゃなのに。
目線は私とカメラを交互に見つめます。
仕方なく「アナタは、カメラで写されるのがいやなの?」と聞くと「うん」(ーー;)
「でも、ママせっかくの可愛いかっこ良いところを、お写真に残したいんだけど」「イヤ!」
「どうしてカメライヤなの?」「・・・」 「ママが遊びに集中しないから?」「うん」。。。。
と、まぁこんな感じのお話し合い(??)が交わされました。(~_~;)

人間側からすれば、「写真を撮る」のだって、アナタに集中しているからこそだよーって
反論したい気分ではありますが、どうもそれでは満足しないみたいです。(うちだけ?)

うちはたまたま一匹飼いなのですが、多頭飼いのお宅などでは兄弟姉妹の中でも
このような「集中してよ~!」って事象、起こり得るのではないでしょうか?

今Aちゃんが甘えている。ママのお膝を独占して幸せな気持ちのところにBちゃん登場!
ママの目線はAちゃんからBちゃんへ。Aちゃん必死にママを独り占めしようとします。
でも、ママはBちゃんに「あらあらどうしたの~?」と声をかけます。
この状況でAちゃんは満足でしょうか?Bちゃんはママに声をかけられて幸せでしょうか?
多分答えは両者ともNOです。
多頭飼いの皆様は、本当にいつも平等に愛情を注ぐのに心を砕いていると思いますが
この「平等」って本当にとても難しいと思うのです。
もしかしたら、「平等に」と思うあまりかえってどの子に対しても集中しきれないのでは?
まぁ、我が家での話し合い(??(^^ゞ)の結論から言うと、みんな自分にきちんと
集中して欲しい=「私を見るときは他の事(他の子)を忘れて・・・」的感覚を
持っているようですので、一人の子が甘えている時には思い切りその子だけを見つめる。
他の子に対する罪悪感を捨てる。集中する・・・。
そういう愛し方もきっと必要なんだろうな~と思いました。
以上独り言のような物でした>^_^<
[PR]
by kokoronohidamari | 2006-10-17 23:09 | アニマルコミュニケーション

●アニマルコミュニケーションであなたとペットさんの心に優しいひだまりを●アニマルコミュニケーターmisatoが愛犬・愛猫さんとの幸せ生活のヒントなどをお届けします●セッション申込みは各記事内バナーよりどうぞ


by kokoronohidamari