あげる

11月ですね!そろそろ近所の木々が色づいてきました。いかがお過ごしでしょうか?

アニマルコミュニケーションの世界に足を踏み入れてから気をつけていることがあります。
気持ちの持ち方・・・とでもいうのでしょうか?
人間と動物さんとの間に、精神的な優劣は無いということ、立場上の強弱も無いと言うこと。
そんなことを自然とわきまえていられるようにと、日常的にも心がけています!
いえ・・・「いるつもりでした!」が正しいです。^_^;実際のところは。。。

ある日、我が家の愛猫とのやりとりのなかで気が付いたんです(~_~;)
  「今これが終わったら遊んであげるね!」「すぐにトイレきれいにしてあげる。」
   「もうちょっとでご飯作ってあげるからね~」「今日は爪切ってあげるね」etc。
ありゃ~、「あげる」って言葉がなんて多いのでしょう!!!自分でびっくりしました@@!
もし私が愛猫の立場だったら?思わず考えてしまいました。
「あげる、あげる」って恩着せがましく頻繁に言われたらやっぱりイヤだろうなぁ~^_^;。
「爪切ってあげる」なんていわれた日には、「頼んでないわよっっ」って怒っちゃうかも(笑)
はっっ(-_-;)。ここまで書いてて思い出しました!!
そう言えば愛猫に「ママは押し付けがましい」って言われたことがありますよぉ。(涙)
そのときは「エー?なんで!?」って思ったけど、こういうことだったのかも・・・。

えらそうに(?)人間と動物さんの立場の優劣がどうのこうのと大きなことを目指す以前に
こういう小さな一歩から意識改善しないとダメですね。反省反省。(^^ゞ
皆様も機会があったら、普段使っている言葉、仕草を思い返してみてください。
そして自分を相手(動物さん)の立場に置き換えて、その言葉や仕草が
自分にとって嬉しいか不快かを想像してみてはいかがですか?
私のように「ありゃりゃ~。ゴメンネ!」って発見することがあるかもしれませんよ。^m^
発見したら少しずつでも直せば良い♪私も皆様も「小さな一歩から」・・・頑張りましょうね!
[PR]
by kokoronohidamari | 2007-11-01 20:41 | アニマルコミュニケーション

●アニマルコミュニケーションであなたとペットさんの心に優しいひだまりを●アニマルコミュニケーターmisatoが愛犬・愛猫さんとの幸せ生活のヒントなどをお届けします●セッション申込みは各記事内バナーよりどうぞ


by kokoronohidamari