疑問

インフルエンザが流行っているようですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
私は風邪予防のため、電車内は完全マスク女と化しています(爆)(^_^;)

さて、こちらは先日お伺いしたSさまからいただいたメール(抜粋)です。

『misatoさまにコミュニケーションをして頂いて、色々な事が分かり、
そしてその後偶然にもそれらについての疑問への気づきがあったりして
自分の知りたいことは何かしらの形で答えを得ているような気がします。』


これを読ませていただいた時、私の中で「ピンっ☆」と弾ける物がありました!
『疑問』・・・そう。これなんです。

アニマルコミュニケーションをご依頼くださる皆様の中には、おそらく
「アニマルコミュニケーターがこう言ったのだから、きっとそうなのでしょう。」とか
「よく判らないけど、コミュニケーターの言うことだから間違いないんだろうなぁ」とか。
そんな風に、無条件で納得なさっている・・・ご自身に納得させている部分があるのでは??

信じていただくこと自体は、アニマルコミュニケーターとしてとても嬉しく幸せなことです♪
でも、だからといって無条件で信じ込んだり、納得する必要は無いと思うのです。
というよりも、簡単に納得しちゃいけないのかもしれません。
なぜなら、飼い主様がコミュニケーションの内容に満足&納得してしまったら
飼い主様にとって、そこが(その状態が)『ひだまり』になってしまうから。。。
人間誰しも居心地の良い場所からはなかなか動きたくないものですよね?(^^ゞ
動物さんはまだ満足できていないかもしれないのに、飼い主様だけが満足したら
せっかくのアニマルコミュニケーションの意味が半減してしまいます。
コミュニケーションを受けられた後には、結果に対してまず受け入れていただき
その後で「なぜ、そういう答えだったんだろう?」「そのことが意味するのはなんだろう?」
などなど、たくさん考えて疑問を抱いてください。
考えながら見つめたり接しているうちに、Sさまのように答えが見えてくるかもしれません。
すぐに答えが見えなくても、新しい発見があったり疑問が湧いたり・・・。
疑問をもつことは、我が子に対して「知りたい」という気持ちの現れだと思います。
その答えをご自身で見つけて実践なさるのも素晴らしいことでしょうし、
もし迷ったら再度アニマルコミュニケーションを受けて見るのもひとつの方法でしょう。
飼い主様にも動物さんにも居心地の良い『本当のココロのひだまり』を見つけるために
アニマルコミュニケーションをゴールではなく、スタートと考えていただけたら嬉しいです♪

Sさま、素敵なご感想をありがとうございました☆>^_^<
c0076330_1402390.jpg

クリスマス用におしゃれドレスを着たレイナちゃんのお写真をお送りくださいました♪
とっても可愛いのでこちらでのご紹介をお許しいただきました。

[PR]
by kokoronohidamari | 2007-12-06 15:52 | アニマルコミュニケーション

●アニマルコミュニケーションであなたとペットさんの心に優しいひだまりを●アニマルコミュニケーターmisatoが愛犬・愛猫さんとの幸せ生活のヒントなどをお届けします●セッション申込みは各記事内バナーよりどうぞ


by kokoronohidamari