反省じゃなくて

雪が降ったり風が強かったり・・・。寒い日が続いていますね!
寒がりの私はコートの下にジャケットという「ありえない」姿で出社しましたが(^^ゞ、
さすがに肩が懲りました・・・(苦笑)皆さまはお元気でお過ごしでしょうか?

さて、先日偶然目にしたブログで思わぬ気付きに出会いました。
ブログの持ち主さんは、かつて初めて受けたアニマルコミュニケーションで
コミュニケーターさんに言われた言葉が忘れることが出来ず(一種のトラウマ状態?)
それ以来自分の家の動物さんとの接し方に自信が無くなって悩み始めたんだそうです。

アニマルコミュニケーターとして守るべきとても大切なことのひとつに、
「飼い主さんを責めない」・・・と言うことがあります。
どんなに正しいことを言ったとしても、飼い主さんを責めてその方が悲しい気持ちになれば、
その悲しいエネルギーは動物さんにも良い影響を与えません。
ですから、世の中の多くの心あるアニマルコミュニケーターさんは、
きっとこの基本姿勢を大切にしているはずです。もちろん私も含めて。
でも、自分では気をつけているつもりでも、知らず知らずのうちに飼い主様に
「私はダメだったんだ」とか「私が○○だからこんなことになっちゃったんですね」などなど
悲しい思いをさせなかったとは言い切れません。
アニマルコミュニケーションだから、動物さんさえ良ければいいということはありません。
私自身の気持ちとしては、アニマルコミュニケーションを終えた後の飼い主様には
反省」じゃなくて「きっかけ」を得ていただきたい・・・。それを目標としています。

今回この記事をこのタイミングで目にしたことにも、なにか意味があるのかも。
今後もアニマルコミュニケーターとして多くの動物さん、飼い主様とお会いします。
毎コミュニケーションの度に、今回得た気付き(学び)を自分の中に新たに思い起こし
ココロをこめてお話させていただきたいと思います♪
でも、もしも「傷つきました~」とか「悲しかったです~」とか感じてしまった方がありましたら
どうぞご遠慮なさらずにお教え下さいね!^_^;
アニマルコミュニケーターを成長させてくれるのは、動物さんと飼い主様だと思いますので☆
[PR]
by kokoronohidamari | 2008-01-25 20:27 | アニマルコミュニケーション

●アニマルコミュニケーションであなたとペットさんの心に優しいひだまりを●アニマルコミュニケーターmisatoが愛犬・愛猫さんとの幸せ生活のヒントなどをお届けします●セッション申込みは各記事内バナーよりどうぞ


by kokoronohidamari