<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

OK? or NG?

皆様いかがお過ごしですか?
季節はすっかり秋☆食欲の秋ですね~。
毎日「これではいけない!!」と思いつつ、なんだかんだと食べている私^^;
(あぁ、またデブになってしまう。。。(ーー;))と自己嫌悪に陥っていた、つい先ほど
数年前のある出来事を思い出しました。

ある時期(3日ほどですが)、愛猫が一日中ほとんど食べないことがありました。
おなかを壊しているわけではないし、元気に見えるし、遊びもそこそこ良い感じ。
ただのワガママだと思って、最初の2日はなだめたり、いろんな種類の猫缶を開けたり。
でも、いつもなら大好物のはずの猫缶も見向きもしなくて・・・。
さすがに病気を疑いましたが、その直前に何かの検査で病院に行っているのです。
特に病気の様子もなかったし・・・???そこで、ふと思いついたことが!
彼女その検査の時に先生に言われたんです(~_~;)「あれ、前より太ったかな?」と。
その頃はまだアニマルコミュニケーションという言葉自体知らないときでしたが
なんとなく、「ねぇ、もしかして病院で【太った】って言われたこと気にしてるの?」
と聞いてみました。確か「うぉっ」とかなんか不機嫌そうな声を出したと思います(笑)
で、「ダイエットしてるの?そんなことしなくても良いのに~。今のままで充分だよ♪」
「ホントだよ。今のままで一番綺麗だし可愛いから、ダイエットなんてしなくて良いよ~」
詳しくは忘れましたが、この5分後くらいにガツガツとご機嫌よく食べ始め(爆)完食☆
まぁ~。ホントにダイエットしていたらしいんです。女の子ゴコロがけなげですね>^_^<

今にして思えば先生がなにげなく口にした「太った?」って、女性なら誰でも
不愉快になったり傷つく言葉ですよね?いわゆるNGの言葉です。

そしてなにも知らなかったけど、ただただ我が子いとしさで私が発したいくつかの言葉。
これは、女性なら嬉しく感じるOKの言葉です。

相手に言葉をかけて、気持ちを伝え下さい・・・とたびたびお話&お願いしていますが
言葉には「OKの言葉」と「NGの言葉」が存在することも覚えておくと良いそうです。
同じ意味を表す言葉でも、ほんの少し気をつけるだけでNGからOKに変わることも。
皆様の日頃かけている言葉はいかがでしょうか?OK?or NG?
今度から今までよりほんの少しだけ、言葉を口にする前に反芻してみてくださいませ。
自分では良いと思ってかけていた言葉、愛情があるからこそ言っていたひとこと
意外にNGでびっくり!!なんてこともあるかも・・・?^^;
[PR]
by kokoronohidamari | 2006-10-24 20:04 | アニマルコミュニケーション

集中

先日、最近絶好調・・・と書きました我が家の愛猫。あまりにもいい表情で遊ぶので、
ついつい「この可愛さをお写真に~♪」と親ばか心がうずきだしました(笑)
右手にカメラ、左手にねこじゃらし・・・でスタンバイ。今日も元気に遊んでね!(←期待)
がっ!敵も去るもの!?ぜ~んぜん食い付かないんです。いつもと同じおもちゃなのに。
目線は私とカメラを交互に見つめます。
仕方なく「アナタは、カメラで写されるのがいやなの?」と聞くと「うん」(ーー;)
「でも、ママせっかくの可愛いかっこ良いところを、お写真に残したいんだけど」「イヤ!」
「どうしてカメライヤなの?」「・・・」 「ママが遊びに集中しないから?」「うん」。。。。
と、まぁこんな感じのお話し合い(??)が交わされました。(~_~;)

人間側からすれば、「写真を撮る」のだって、アナタに集中しているからこそだよーって
反論したい気分ではありますが、どうもそれでは満足しないみたいです。(うちだけ?)

うちはたまたま一匹飼いなのですが、多頭飼いのお宅などでは兄弟姉妹の中でも
このような「集中してよ~!」って事象、起こり得るのではないでしょうか?

今Aちゃんが甘えている。ママのお膝を独占して幸せな気持ちのところにBちゃん登場!
ママの目線はAちゃんからBちゃんへ。Aちゃん必死にママを独り占めしようとします。
でも、ママはBちゃんに「あらあらどうしたの~?」と声をかけます。
この状況でAちゃんは満足でしょうか?Bちゃんはママに声をかけられて幸せでしょうか?
多分答えは両者ともNOです。
多頭飼いの皆様は、本当にいつも平等に愛情を注ぐのに心を砕いていると思いますが
この「平等」って本当にとても難しいと思うのです。
もしかしたら、「平等に」と思うあまりかえってどの子に対しても集中しきれないのでは?
まぁ、我が家での話し合い(??(^^ゞ)の結論から言うと、みんな自分にきちんと
集中して欲しい=「私を見るときは他の事(他の子)を忘れて・・・」的感覚を
持っているようですので、一人の子が甘えている時には思い切りその子だけを見つめる。
他の子に対する罪悪感を捨てる。集中する・・・。
そういう愛し方もきっと必要なんだろうな~と思いました。
以上独り言のような物でした>^_^<
[PR]
by kokoronohidamari | 2006-10-17 23:09 | アニマルコミュニケーション
季節の変わり目、台風やら気温の急激な変化やら。。。みなさま体調はいかがですか?
最近、更新頻度も一時期より少ないのですが^^;一応理由がありまして。。。

うちの愛猫。8月末頃からキャットタワーの登り方がぎこちなくなりました。
一気に麻ポールを使って登りきっていた物が、途中で降りると言うか落ちると言うか。
また、タワーの前まで走ってきても直前で止まって上をじっと見上げるようになりました。
その他にもいくつか「あれ?」と言う事があり、病院で見ていただいたところ
先天的に腰が悪いことが判明しました。・・・
この腰の状態を今よりも良くするために現在毎日のエネルギー治療を続けているのです。

そういう状況(もちろんそれ以外にもアレコレありますが(^^ゞ)の中で、
アニマルコミュニケーターのはしくれとして、また我が子を愛する1飼い主として
どうしたら愛猫に優しい環境を作れるかなぁ?と自分なりに考えた末、
数週間前から「ネット時間」の削減をはじめました!

・・・そしてその結果、まだ100%には程遠いのですが少なくとも今までよりは
愛猫との時間がゆっくりとれるようになりました。
相手が鳴いたとき、今までなら「ちょっと待って!ママいまこれやらなくちゃ!」だった物が
「どうしたの?」とか「何がしたいのかな?」と聞ける気持ちの余裕が出来ました。
そういう私の余裕は、確実に愛猫にも伝わったようです。
少しずつですが、私の問いかけに表情で行動で答えてくれる確率が増えてきました♪
また、不思議なことに時期を同じくして彼女の食欲が増してきたのです。
遊びにしても、ビックリするほど活動的で毎日見ていて飽きないほどに走り回ります。
もうすぐ5歳。腰が先天的に悪い・・・そんな要素を感じさせない遊びっぷりが嬉しくて
私も毎日精力的にお付き合いしています(笑)
そして、この1週間ほど。エキサイトしまくった彼女が見せてくれた物。。。

  ①出来なくなっていた「でんぐりがえり←(小さい時は得意技でした)」
  ②キャットタワーの一気登り!!
  ③家中で一番高いタンスのてっぺんへの華麗なジャンプ☆

こういう現実を目の当たりにして、しみじみ感じたことがあります。
「ココロが元気ならカラダも元気♪」ってよく言いますが、あれって本当なんですねぇ。
もちろん、本当にお医者様での治療や通院などが必要な病状もありますから
一概には言えませんが、それでも“ココロの元気”って大切なんだな!と感じました。

例えばスキンシップや話し掛けを増やす。例えば遊びに変化をつけてあげるetc。
方法はそれぞれのやり方で良いと思います。
皆様のお宅でもゼヒ愛する我が子のココロを今以上に元気にしてあげて下さいね>^_^<
[PR]
by kokoronohidamari | 2006-10-10 22:24 | アニマルコミュニケーション

●アニマルコミュニケーションであなたとペットさんの心に優しいひだまりを●アニマルコミュニケーターmisatoが愛犬・愛猫さんとの幸せ生活のヒントなどをお届けします●セッション申込みは各記事内バナーよりどうぞ


by kokoronohidamari