<   2007年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

信じる

好きな言葉のひとつに「信じる」があります。今日は「信じる」にまつわるお話を・・・。

◇アニマルコミュニケーションの世界に足を踏み入れるより全然前の話ですが
愛猫と室内でねずみのおもちゃを振り回して遊んでいました。
当時まだ遊びたい盛りの愛猫は、大興奮状態!追いかけて走り回るうちにおもちゃの糸が
足に絡まりました。あっ!と思った瞬間にビビッた彼女は更にスピードをあげてダッシュ☆
糸だけならともかく、おもちゃのねずみも棒もついたままですから怪我の危険性があります。
なんとか捕まえようと、背後から手を伸ばしても興奮しているので全然止まってくれません。
とにかく止まって欲しい一心で、とっさに「お願い!!ママのこと信じて。足についてるのを
取らせて欲しいの!大丈夫だからママに任せて!」と大き目の声で言いました。
すると。。。あれほどの勢いで走っていた愛猫がピタッと止まって、私にされるがままになり
無事に足に絡まった糸を取らせてくれたのです。嬉しかった~☆
言葉が通じるということを今ほど、真剣に認識していたわけじゃないけれど、とにかく通じた!
私のことを信じてくれた(信じてくれていた)!・・・それが嬉しくて不思議な力が湧きました。
今でも、なにかアクシデントがあったときにはこの言葉は私の切り札(笑)的に使われます。

c0076330_1120399.jpg


◇もうひとつは、つい最近のこと。
Mさんのお宅の三毛猫のNちゃんとコミュニケーションをさせていただいた後に
Mさんからいただいたメールの中の一文です。
   『あれからNとのお話タイムが幸せでしかたないんです。
    なんか語りかけているうちにふわ~って愛に包まれる感じになるんです。
    Nを信じることができるってこんなに素敵なことだったんだなーって思います。』


自分の愛するペットさんを存分に可愛がり愛情を注ぐ方は多いとおもいますが
それにプラスして「信じる」ことが出来たら、本当に素敵なことですよね♪
コミュニケーションの中で直接的ににそういうことをお話したつもりは無いのですが
コミュニケーション後のNちゃんとの関わり方の変化などを通じて、Mさんご自身が
Nちゃんを信じることの素敵さに気がついて下さったのが、とても嬉しかったです§^。^§

◇最後は先日のフィギアスケートの世界選手権銀メダリストの高橋大輔さんの言葉。
「自分を信じて滑りました。」・・・なぜか解からないのですが、とても心に響きました。
以前は「何かができる人、秀でている人は天性の才能があって努力なんかしなくても
どんどん成果を出せるんだ。」と思っていました。
でも、本当はそうじゃないことに遅ればせながら気がついた今日この頃(遅すぎ?(^^ゞ)
自分を信じるのって意外と一番難しいかもしれません。
それを堂々と言えるのは、彼がその言葉に恥じない努力をしたからなのでしょう(拍手)
私もアニマルコミュニケーターとして、もっともっと地道に努力を重ねていきたいと思います♪
そしてひとりでも多くの飼い主さんに、Mさんのように自分のペットさんのことを
『心から信じことの出来る幸せ』を味わって頂けるよう、お手伝いできたら嬉しいです>^_^<
[PR]
by kokoronohidamari | 2007-03-25 01:19 | おもうこと。。。

大切なことだから…

お問合せをいただくと、大抵の方の文中にこんな一文があります。

「○○ちゃんに△△と伝えていただけますか?」・・・

△△に入る言葉はそれぞれなのですが、もちろん飼い主さんの愛情のこもった
とても優しい、そして大切な言葉であることがほとんどです。
その暖かい想いに私もほんわかさせていただく事が多いのですが、実際に返信する時には
「飼い主さんご自身からお伝えしてあげてください。」と書いています。
なぜなら、アニマルコミュニケーターはその動物さんにとっては赤の他人だからです。
毎日一緒に過ごしている、大好きな飼い主さんからの言葉。
一日…数時間だけ接している赤の他人のアニマルコミュニケーターの言葉。
同じ言葉だったら、どちらを信じますか?どちらがココロに響きますか?
コミュニケーターがかけた言葉を、「それホント!?」って飼い主さんに確認する動物さん。
飼い主さんの言葉や表情を見て安心したお顔になる動物さん。
その安心したお顔を引き出すのは、やはり飼い主さん以外には出来ないことだと思うのです。

大切なことだから、コミュニケーターに通訳(?)してもらいたい。
そういうお気持ちも判らなくはありませんが、やっぱり私はこれからも
『大切なことだからこそ、ご自分で伝えてあげてください。』とお答えすると思います。
その言葉(想い)ができるだけ真っ直ぐに伝わるよう、動物さんに受け取って貰えるよう・・・
まだ微力ではありますが、私も精一杯のお手伝いをさせていただければ嬉しいです☆
[PR]
by kokoronohidamari | 2007-03-05 15:46 | アニマルコミュニケーション

●アニマルコミュニケーションであなたとペットさんの心に優しいひだまりを●アニマルコミュニケーターmisatoが愛犬・愛猫さんとの幸せ生活のヒントなどをお届けします●セッション申込みは各記事内バナーよりどうぞ


by kokoronohidamari