一所懸命と一生懸命

こんばんは!世間的には花粉症絶好調な時期ですよね~。
私は花粉症じゃないんですが、風邪の症状で鼻が止まりません。。。
どこから出るんだ!?ってほど、かんでもかんでも鼻が出ます。最低な日々です。(-_-;)
ちょっと花粉症の方々のご苦労が身近に感じられる今日この頃です。(苦笑)

そんな、体調不良の毎日ですが、昨日の出来事を・・・。
唐突ですが、皆様「いっしょうけんめい」を漢字で書くとき、どう書きますか?
学生の頃(多分歴史の時間かな?)この話題になり、先生が黒板に
「一所懸命」と「一生懸命」を並べて書きました。それぞれの意味を説明すると

■一所懸命=農民などが、ひとつの『土地』に対して愛情をかけ命を懸けて守る様。
■一生懸命=ひとつの『こと』に対して、必死に命懸けで立ち向かう様。
                                  (一所懸命が転じたもの。)

そのときは、「ふ~ん。なるほど。」と。でもそれ以降あえて考える機会もありませんでした。
なのに、なぜか昨日エネルギーワークをしている最中、急にこの記憶が蘇ったんです。
私はとりあえず、命を懸けてまで守りたい「土地」などは保有していないし、
やっぱりこの場合「一生懸命」のほうに私へのメッセージが隠されているんだと思うのですが、
うーん、なんだろう。。。(@_@;)??
このところ体調不良が長く続いているため、「自分に優しく~」なんて思っていたんです。
ちょっと優しすぎ(・・・甘やかし過ぎ)たかしら?^^;。そろそろ気合入れろ!!ってこと?
メッセージの真意はまだつかみきれませんが、よくよく「一生懸命」という文字を見ると
「一生」に命を懸ける・・・なんですよね。改めて「深いなぁ~」って感じちゃいました。
私なんか「一生懸命」って言葉をもっと軽く使ってしまうのですが、ホントは違うんでしょうね。
命を懸けるというと言葉的にはおかしいかもしれませんが、自分の生に対して責任を持つとか
真摯であれとか、前向きであれ、などのニュアンスがこもっているように思います。
アニマルコミュニケーションには、一見何のかかわりもない話題なんですけど、
もしかしたら、私のアニマルコミュニケーターとしての「一生(=生き方?)」に対する
メッセージかもしれないし、なんとなく私にとって大切なメッセージだと感じたので
記録という意味で書かせていただきました。(#^.^#)。あしからず!!
皆様も、それぞれの人生を「一生懸命」に生きましょうね♪
[PR]
by kokoronohidamari | 2008-03-19 22:32 | おもうこと。。。

●アニマルコミュニケーションであなたとペットさんの心に優しいひだまりを●アニマルコミュニケーターmisatoが愛犬・愛猫さんとの幸せ生活のヒントなどをお届けします●セッション申込みは各記事内バナーよりどうぞ


by kokoronohidamari